上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Merry X’mas♪


昨夜のクリスマスイヴは、妹夫婦と姪っ子っちゃんと実家で過ごしました
家族が増えたおかげで、それぞれで祝っていたクリスマスですが
今年は実家でみんなで過ごすことが出来ました♪



お昼間は出かけていたので
私はサーモンのマリネサラダとパセリたっぷりの中近東のサラダの「タブリ」を



普通はブルグルを使う所を美白効果たっぷりの「はと麦」もたっぷり入れて♪

DSC01156.jpg

あとは母作のおでんやら、妹作のローストビーフにえびのピラフ
父が買ってきたケンタッキーw


日本のクリスマスパーティーmenu!!ですねーw



さてさてお腹もいっぱいになった所でクリスマスケーキを

DSC01165.jpg

イチゴのタルトです


こ・れ・が
めちゃめちゃHIT!!
普段はマクロビケーキなんて「ふ~~~ん」な父ですが
「売れるんちゃう?!」なんて言ってくれたりw



クリームは、いつもは「とろけるけんちゃん」ですがちょっと濃厚な「男前三連ちゃん」で濃厚に
フィリングには・・・・なんとおから!

DSC01166.jpg

おからをりんご一個とレーズンとちょっとの豆腐クリームをブレンダーにかけたものと練りあげたの
香りつけにラム酒も少々・・・・・



ちょっと時間が経つとしんなりするのでまだまだ改良が必要だけど
スタジオの卒業式にまたみんなに食べて頂きたいな~~~~



さてさて本日25日がクリスマス本番ですね
皆様、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね♪
コノ前のタルトのレシピを書いたのですが中身のレシピないやん
ということで中身のレシピです☆


タルトを180度で10~12分ほどかるーく焼き目が付くほど焼きシメといて、しっかり冷ませてる間に
ちゃっちゃっと混ぜれば作れる簡単アーモンドクリームベースのタルト



DSC01138.jpg


アーモンドクリームのレシピ

A(こなもん)

アーモンドパウダー     1/2cup(125cc)                  
全粒粉薄力粉        大さじ2
強力粉           大さじ2
ベーキングパウダー(アルミニウム不使用のやつがbest) 小さじ1
自然塩           小さじ1/4
スパイス(好みで)     (金時ショウガ、シナモン オールスパイス ナツメグなど)



B(液体)

菜種油                        大さじ2
メープルシロップ(甜菜糖や他の甘味料でもOK)     1/4cup(60ccくらい)
豆乳                         1/4cup   
バニラエッセンス(スパイス入りの時は必要なし)    小さじ1くらい




仕上げ用のグレイス
無糖のジャムを少し水でのばして煮詰めたもの

作り方


1  Aをボウルに入れ泡だて器でぐるぐる混ぜる

2  別のボウル(ワタシはいっぺんに大きな計量カップで計量してぐるぐる)でBを混ぜて泡だて器でぐるぐる混ぜ合わせ、Aに混ぜ合わせる


3  焼いたタルト台に均一伸ばす


4  好みのフルーツやナッツ、具を散らして180度で20分~25分焼き色がついて竹串をさしても生地が付かないくらいまで火が通っていたらオーブンから取り出す



5   無糖ジャムを延ばして煮詰めたものを刷毛で塗ってつやを出したら出来上がり~~



季節によって乗せるフルーツを好みで変えたらいいと思います
今回はピラティスの先生で東洋医学も勉強されている先生のヒントで体を温める根菜のサツマイモ、りんごを少しの塩で蒸し煮して甘さを引き出したもの、生地に体をあっためる、シナモンや、金時しょうが、
黒ゴマを散らしました





東洋医学を勉強している素敵女史に出会ったのでご意見をうかがったら
「黒豆のタルトもいいよー」とのこと



ほほうーーー


次は黒豆を使ったタルトになるかも♪



応用がなんぼでも効くので楽しいタルトなのでした♪
c0156438_23151964.jpg

11月の末の卒業式ように冬のマクロビケーキを思索&試作中です
うーーん
とりあえず前回のりんごとサツマイモのタルトの生地の残りで小さな小さなナッツタルトを作ってみました


アクセントでお友達からいただいた無添加のマンゴーを小さく切って混ぜて・・・・



おう!なかなかイケルじゃない???



という事で早速お友達に試食をばあ・・・


c0156438_23181655.jpg


なかなか好評??
次は何でタルトを作ってみるかな??
焼きっぱなしのタルトは人数が多い卒業式には重宝するの



かぼちゃ?
みかん?
雑穀を入れてぷちぷちさせるのも面白いかも??
しばらく思索&試作が続くかも
試食をお願いした時には辛口な意見も求むっっ



あ、ちょっとだけレシピ公開です☆



タルトの生地。コレだけでだいぶと色んなタルトが出来ます~~
海外のレシピを元にしているからだいぶ分量が多いです


1cup=250cc計算で!


材料:



 全粒薄力粉 3/4cup(187.5cc)
 全粒強力粉 3/4cup
 葛粉(パウダー)    1/3cup(83cc)
 塩    ひとつまみ
 甜菜糖  大さじ3~5(なんのタルトを作るかによって変更してます~)



B 
 なたね油(紅花油でも) 1/2cup
 豆乳        大さじ3くらい

*油を減らして豆乳を大目にしても大丈夫


作り方は簡単

Aをボールにどんどん入れて、ぐるぐるぐると泡だて器で混ぜるっ

そこにBの油を入れて指でこするように粉と油をすり合わせていく
こん時こねないように!!グルテンがでてかちかちどっしりな生地になっちゃいます
  

ある程度混ざったら豆乳を少しずつ足して生地をまとめます
マーブル状でもOK
冷蔵庫で30分ほど休ませたらあとは焼くだけ
タルト台に薄く伸ばした生地を載せ、フォークで空気あなをぶすぶす空けたら出来上がり



夏の豆腐クリームタルトの場合は180度で20~25分ほどほんのり焼き色がつくまで焼き上げました
空きのサツマイモタルトの時はほんのり焼く程度


といっても我が家のオーブンはなんだか弱いわ、奥ばかり焼けて手前を生状態なので何度もオーブンを開け閉めして手前と奥を入れ替えるので室内の温度が下がりやすい為↑の時間がかかっていますが、
本当は15~20分くらいでサツマイモタルトも焼けるはずっ


また機会があれば豆腐クリームのレシピも載せて行きたいと思います
9月の末からまたもTTCの卒業式ラッシュが始まりましたッ
今月はヨガの全米アライアンスを受講されてた皆さんも卒業!
3期にわたってのお勉強とヨガの練習お疲れ様でした♪




9月の卒業生の方のケーキはレモンと紅茶のケーキ
まだまだ残暑も厳しいのでレモンで体の熱はとりつつ、でも、もう冷たいタルトには向かない季節なのでしっとり焼き上げたケーキに豆腐クリームを添えて


DSC00830.jpg

もちろん、いつものシャクレも
今回は皮ごと食べれる葡萄で
DSC00832.jpg



さてさて、10月に入ってさらに秋も深まってきたので、さつまいもとりんごを使ったケーキを焼き上げました

DSC00865.jpg

金時しょうがという、どえらい辛いけど体がポカポカと温まる生姜パウダーに、シナモン、オールスパイスも入れて
お豆腐クリームは毎回好評なので今回も添えて出します♪


みなさんが喜んでくれはりますように☆
合掌ー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。