上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
仕事場がスタジオと近いお友達とのランチ♪
カレー大好きな私たちなのでカレ屋さん率が高いのですが
本日は、生理痛がひどく「食欲<しんどさ」の勝ちな、彼女・・・・・



「スープランチとかにする??」と本町の軽めランチスポットのVODACOAさんに行こうとしたのですが、
何やらとなりのお店の看板に釘付け・・・・


320x320_rect_7077851.jpg

「スリランカカレー」&「オーガニック」がひじょーーーーに気になって入ってみました


110405_133154.jpg

無農薬のお野菜のサラダや、ベジバーグ、掻き揚げ、酢の物などおかずも充実なカレーSET♪
一人暮らしのお友達には持って来いなベジ&カレーなランチなのでした♪



デザートの豆腐チーズタルトも勿論チェック
110405_135840.jpg
優しい~~~~~♪



オーナーさんとお話したのですが、ワインはマキコレ、日本酒も寺田本家などこだわりの酒造メーカーのもの
夜のディナーも、より多くの人に知ってもらいたいからと2500円でなんとワンドリンク付きな太っ腹かかく。。。



是非またおじゃまさせてもらいます~~~~♪



ハル オーガニックキッチン
TEL 06-6202-0339
住所 大阪府大阪市中央区淡路町2-6-1 アペックス本町ビル2F

地震の報道をただただ見守るしかできず、今の自分に出来ること・・・・
物資よりも関西圏の私達にできるのは募金活動しかないのですね。


真冬の寒さが舞い戻ってきたような冷え込みですが
「助かっただけでありがたい、あとは何とかなる。きっとなる。」
と、おっしゃってた被災地の方の言葉に逆に勇気づけられました。



今は原発の放射能漏れが気になります。
放射能の被曝を食べ物で体から放出する方法がインターネットで出ていたので転載させていただきます。



●食で放射能をなるべく放出する方法。
過去の広島や長崎の前列から。
砂糖類摂らない。 水分控える。 塩を努めて摂る。 海藻、味噌、玄米。 玄米にすり黒胡麻塩。 放射能は体を冷やす極陰性、自然治癒力が働く温める陽性の食を、そして放射能を排出する働きの食をできるだけ努めて摂る。

●放射線を防ぐ食品をお探しの貴方へ  ~福島の方は今すぐ召し上がってください~
「ヨウ素をたくさん含む食品ベスト10」
乾燥昆布一切れ1枚1グラム
トロロ昆布大さじ販売1グラム
乾燥ワカメ5グラム
いわし中2匹96グラム
さば1切れ100グラム
かつお1切れ100グラム
焼き海苔10枚3グラム
ぶり1切れ80グラム
塩鮭1切れ60グラム
寒天1角の半分4グラム

●放射線を中和する食品をお探しの貴方へ
放射能は極陰性、焼き梅干、玄米、昆布、で中和されるようだ。広島原爆の時も知識ある人は焼き梅干で中和したと文献で読んだ。砂糖、小麦粉、牛乳を飲まないようにする事で放射能被害の症状悪化は防げる。しょっぱいもの、塩気のものを取ってください。

「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」(秋月辰一郎著「死の同心円-長崎被爆医師の記録」講談社刊・絶版)

1945年長崎に原爆が投下され多数の方が放射能を浴びて亡くなられました。その中で放射能による被害を免れた、爆心地から1km程度のところにあった聖フランシス病院内科部長であった秋月博士の体験されたことが、下記URLで紹介されていますので、是非ご参照ください。秋月博士や救助にあたった人すべてが強烈な放射能を浴びながらも原爆症になることはなく、助かったそうです。秋月博士は最近までご健在でした。それは、玄米、味噌汁、昆布などの海草類からなる伝統的日本食を摂ることによって、体内の毒物を排出することができたからです。一般に塩辛いものは身体に悪いとされますが、強烈な放射能に晒された非常事態下、秋月博士は味噌汁は塩分を濃くし、できるだけ辛くするように指導しました。そして甘い砂糖の使用は一切厳禁とした食事の結果、救助に当ったすべての人が放射能の被害から免れることができたとのことです。

http://otsukako.livedoor.biz/archives/30327358.html
DSC01294.jpg
「寺田本家 米グルト」 
美容と健康のお手伝い
 腸がきれいになれば美肌になり、腸内細菌が活性化すれば、心も身体も元気になります。「腸の発酵」が美容と健康の土台です。日本が世界の長寿国になったのも菌食がひとつの要因と考えられます。
 寺田本家より、日本の伝統と歴史が育んで来た、ノンアルコールのお米の乳酸発酵ヨーグルト『 マイグルト 』 をお届けします。心と身体にやさしい、赤ちゃんからお年寄りまで召し上がれるお米とお水だけが原料の生命おどる甘ずっぱい飲み物です。
 自然のままの素材を生かし、天然の麹菌・乳酸菌・その他いろいろな菌達が生み出した酵素と分泌物や代謝物がいっぱい詰まっています。
ひたすら昔ながらの無添加で、手のひら造りにこだわり、真心込めて取り組んだ発酵食品です。


寺田本家さんのマイグルトの説明文です(HPから)↑↑↑

美容に敏感なお友達から教えていただいた寺田本家さんですが、お米からこだわって栽培し、真面目に真面目にお酒造りにこだわった酒造で、私が今更紹介するほどでもないほど有名な酒造です



お家パーテイーでお友達がおもたせで発芽玄米のお酒「むすび」を持ってきてくれたので、みんなで頂いたのですが・・・・
少し醗酵した酸味と微発砲のなんとも不思議なお酒でアルコール度数もビールくらいと、さほど強くないので・・・
c0156438_8435570.jpg



さくっと一本空けてしまいました☆
その後、結局ほぼ3人で5本・・・(ワインとかワインとかワインが)



でも、次の日全員がぱっちり早起き、胃腸もすっきり☆
美容アンチエイジング食を意識したお料理のせいか??
c0156438_8243359.jpg
ひじきのペーストや、お豆腐と白味噌でスパニッシュオムレツ風~黄色はターメリックで色づけ♪
ほかに、ヒヨコマメのディップ「フムス」もオメガ3たっぷり、フラックスオイルを・・・


c0156438_8551549.jpg
手作りタップナードで玄米ジュノベーゼむすび


c0156438_8574516.jpg
高野豆腐でくるくるカツ♪



他にも黒豆+はと麦のオレンジ風味のタブリとかね♪(←中近東のパセリのサラダです)


いやいや、いっつもみんながくるときはこんなんやし・・・
てことは、やっぱり!!
「むすび」のおかげだ!!
という事であの日からちょこちょこ色んな商品を買っているのです♪


面白かったのは発芽玄米の酒かす!!
普通の酒かすとは違って、粒状なのっ
HPにもレシピがたくさん載っていたのでイロイロ試してみました♪


酒かすディップや、酒かすトーストやクラッカーなんかも♪
酒粕はコレステロールを減らしたり女性のお肌トラブル、しみやしわにも良いとTVでもやっていましたね♪


今回は初チャレンジでお米のヨーグルト風ドリンクの「米グルト」を大人買いです!



腸よ綺麗にな~れ~~♪
痛い・・・・・ひじょーーーーに・・・下腹部が・・・・


もう何年も生理痛とは皆無の生活をしていたのにココ最近じわりじわりと生理痛が・・
と、同時に今までは生理前といえど胸が張るなんかの予兆も全く無く、
ついでに言うと一時期は9ヶ月くらい生理が来なかった事も・・・・・


肉食を禁止とせず、マクロビ生活を送っていた私には衝撃的なギーを多様するアーユルベーダ生活も取り入れて、
がらっと変わった私の食生活ですが


ゆるみっぱなしのここ最近、お肉を頂く事が続いていました
自分でもせっせと作ってたしね(笑)
だって・・・モドキ料理と違って喜ばれるし、一度タガが外れると「美味しく食べれたらOK~~~」と、そりゃーもー、なんも考えんと食べてました



が、今回の生理痛はうずくまってしまうほどに・・・
イタイ(涙)



久しぶりにマクロビのお手当てバイブル本をひっぱり出してきて生理痛のページを読んでみると


一般的にはホルモンバランスの乱れが原因といわれていますが、血液の酸化や汚れが原因です。」

・動物性や白砂糖は体内でエネルギーとなるときに、陽性の酸性毒、陰性の酸性毒をだして血液が汚れる。 
 その毒素が血液を通して女性器にたまり痛みを起こす。

・砂糖や果物のとりすぎは体を冷やして血液循環を悪くするだけでなく、痛みの感覚を強くする。


今までは中庸でバランスが良かったせいか痛みには全く無縁だったのにーーー
ちょっと、年末、お正月とバランスが壊れてた模様です



お手当てにはやっぱり「梅醤番茶」みたい
さっそく作って、ストーブの前の黒犬を押しのけて腰を温めながら頂くと



あら??5分もしないうちに治ってもーた
「痛み止めより梅醤番茶」
↑コレ、キャッチフレーズにします(笑)



あれが駄目、これが駄目というしばられる食生活はもうイヤなので
せめて生理一週間前くらいからは、しっかり穀物を食べて、お肉やお砂糖をひかえめに




DSC01248.jpg

初心に戻ろう
ということで胃を壊した旦那さんにも良いという「ひじきレンコン」をたっぷり作りました



ひじき・・・・50g
れんこん・・・・150g
ごま油・・・・・大さじ1
醤油・・・・・・大さじ3~4


ごま油を熱し、レンコン、ひじきの順に炒め、かぶるくらいの水でレンコンに火が通ったら醤油を入れて煮詰める。
ちょっとアクセントに和のスパイス花山椒を・・・(←基本に忠実ちゃうし)

↑この分量だと、しーーかりしたお味でご飯がススム君です
でもコレくらいしっかりした塩気だと玄米ともバランスが良いの



バランス、バランス
ええとこどりの「あーゆるまくろ」生活を♪るん
4年間マクロビ生活でお肉・・特に牛肉から遠ざかっていましたが、私なりの食事のバランスを新たに見つけて去年くらいからお肉美味しく頂くようになりました。


肉、化学調味料、なんちゃって醤油や味噌、そして白砂糖を食べるとなると、かなーーーり抵抗感があったマクロビがちがちの時期もありました。


でも今は、なんでも美味しく食べています♪
心配していたアトピーの方も、気にしていないほうが調子もいいみたい
心と体は繋がっているんだな~~と
改めて思い直します。



最近見た映画「ジュリー&ジュリア」


アメリカ人で初めてフランス料理のレシピを英訳した女性ジュリア・チャイルドをメリル・ストリープがおおらかに陽気に演じていました


ジュリアのファンである現代に生きるジュリーが365日で500以上ものジュリアのレシピにチャレンジするというストーリーなのです


途中ゲラゲラ笑ってしまうシーン有、ジュリー&ジュリアの両方の旦那様の愛情にほろりとくるシーンも有
楽しく観れました♪


その中でもでてたのだけど、牛肉の赤ワイン煮こみ「ブフ・ブルギニヨン」
なんだか私も作ってみたくなって、図書館借りてきたフレンチのレシピ本を参考に作ってみました


DSC01239.jpg
レシピ本は元ブノワの料理長の小島景さんのなんだけど
ニース地方の赤ワイン煮こみ「ドーブ」のレシピだった・・・



オレンジの皮とオリーブが入るのが特徴だそうです
オレンジの皮は防腐剤や農薬が気になったので、頂き物の無農薬の橙で
橙は地中海地方でもとれる柑橘と良く似ているらしいです




4年間マクロビオティックやベジタリアン料理を独学でやってきましたが
古典的なフランス料理の作り方の言い回しほど素敵でキュンってなる言い回しは無かったな




「微笑むようなかすかな煮えだち具合」とか
「静かに静かに、一度たりともグラグラとうっかりすることなく、ゆったりした気分で」とか



そうなの


あわただしく料理するとガチャガチャした味に
イライラしながら作ってもやっぱり、なんだか「まーこんなもんか?」な味に



アーユルベーダでも、料理の前には心を落ち着かせてマントラを唱え、心を平安にするようにと教えられました



DSC01245.jpg

食後には切干大根のみぞれ味噌汁



切干大根は昔採っていた動物性の古く硬い脂を
大根おろしは今食べてる動物性の脂の排泄を手伝ってくれると言われています

お肉は体の中で脂が固まりやすいから酵素たっぷり野菜サラダもりもり添えて・・・・



マクロビオティックの良い所を取り入れつつ、柔らかーいお肉を「美味しいね~~~♪」と頂きました♪
あ、もちろんワインと(笑)

DSC01244.jpg
橙の柑橘の香りが!!
ぐーーーーーッ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。