上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
c0156438_0122774.jpg

アーユルベーダを広めて行きたい!
と熱い思いをもって頑張っている女性に会いました


スリランカのキャンディという古都(↑2月に訪れた時の写真です)でカリスマ的なアーユルベーダの病院の医師である先生の元で学び、毎日スカイプで先生とコンタクトを取りながらぶれないよう意識も知識も日々高めていってはります


WEDAGEDARA(うぇだげだら)(←ブログにつながります)



JR新大阪の東口の駅 ど、まん前のビルの一室です



セラピストのリエさんのマッサージは今までのアーユルベーダのマッサージとは違った独特の手技でマルマというツボを刺激し、気を整えられてるような不思議なマッサージです


手製のすりつぶしたハーブボールを温めて身体を刺激しながらマッサージしていくピンダというマッサージも足のむくみがひどくて歩行が困難だった年配の女性が歩けるようになって帰ったとか


何種類もの薬草を体質に合わせたオイルで煎じたハーブオイルはスリランカの病院から送ってもらっているそうです


一度目は奮発してシロダーラとアヴィヤンガを両方しましたっ
全身の2時間近いマッサージと温かいオイルを額の第三の目のあたりに絶えず流しつづけるシロダーラ。。。。



身体は泥の中に沈んでいるよに重く、意識は夢と現実の本当に「狭間」を行ったりきたりという不思議な状態になります


瞑想のような状態を得れると言われていますが、瞑想は中々慣れていないとできないですがシロダーラをすることで瞑想状態に入り、脳のエステといわれています



口からの経口吸収は勿論ですが皮膚からの経皮吸収は強力で悪い物質。。。。
たとえば界面活性剤や保存料やケミカルな科学物質なども入っていくけど口からと違って皮膚から出て行きにくいと言われています



アーユルベーダでは口からオイルを飲む方法もありますが皮膚から吸収させるオイルマッサージが有名ですね



問題がでているドーシャを鎮めるために効果のあがるオイルを選択し体にオイルを塗布しオイルを浸透させます



私はアトピーなので火の要素であるピッタが乱れている状態
身体の火照りを鎮める要素のオイルを使用し食べ物も身体を温めすぎる食材は控えるのがベストです


お肉やアルコール、
塩もとりすぎるとピッタには良くないので薄味で・・・・




じつはWEDAKEDARAでは予約をしておくとアーユルベーダのお食事もいただけます♪
スリランカ料理をいただきましたよ~~~~
DSC01070.jpg


サラダとミルクティーとスリランカカレーに雑穀米で900円♪

ココナッツの甘みとカレーリーフたっぷりの芳し~~~いカレーでした♪



この日はバックトリートメント30分とスリランカカレーランチ!!
やばい
病み付きになりそうです



是非いちど試して見てくださいね♪




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dedehime70.blog38.fc2.com/tb.php/11-e34aa153
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。