上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.04.07
おはようございます
ただいまの時刻は午前6時ちょい前

何故かぱっちり目が覚めたのですが二度寝しようとお布団の中で目を閉じていてもどんどん頭が冴えて来て、したい事、やりたい事が溢れてきたので「よいしょっ」と、今日は5時過ぎに起きだしました


玄関の新しい収納方や、書きたい日記の内容、おまけにお腹も減ってきたので(←コレ最大原因)


夜寝る時は「空腹睡眠断食」っっ
って、大げさですがなるべくちょっとお腹が減った状態で寝るということをできるだけっ実行しています


一日働いた身体を修復するのにお腹の中に食べ物が消化されずに残っているとその消化の為にエネルギーを使ってしまって身体がリセットできないから


↑これが実行出来た日の翌朝は目覚めも良く(本日は良すぎ)頭もクリアなので朝からいろんな事がちゃかちゃかとできちゃいます



朝の目ざめの一杯は冷たいお水をきゅーーっと
何年も繰り返してきた習慣ですがアーユルベーダを勉強するようになってからは「お白湯」


そう
お湯を温めただけのお白湯
たかがお白湯
されどお白湯



お白湯には全てのドーシャ(アーユルベーダでいゆ3つの体質)に有効な飲み物で
消化を良くしてくれ、脂肪の代謝もあげてくれ、利尿作用で毒素もだしてくれる飲み物なのです




温かいお白湯をのむことで腸の働きが活発になり便秘の解消にも役立ちます
お白湯はぐびぐびのまずコップに一杯くらいのお白湯をちびちび飲む
ご飯の前にはあまり飲まず、食中と食後にもちびちび
消化力が上がり栄養の吸収もアップ




逆に冷たい飲み物だと内臓の温度が下がり未消化物や脂肪を蓄えやすくなってしまいます
お茶や紅茶もリラックスの一杯には持ってこいですが、
水分補給代わりに飲み過ぎると、苦味の性質が強く
アーユルベーダではヴァータが上がり便秘になりやすくなってしまうと言われています





日本のレストランでは必ず氷入りのお水が真冬でも出てくるくらいですがインド料理屋さんでバイトしていた時は日本人は氷入り、インド人は真夏でも氷なしと分けて出していました



これにはびっくり
でも暑いインドの気候で生活していると冷たい水をごくごく飲んで内臓を冷やして消化力、代謝力が落ちてしまうと未消化物が溜まり、身体が重く、だるくなってしまうのですね
そんな事じゃーインドの夏は乗り切れないっ
ので「当たり前の事」として習慣になっているのでしょうね




春は冬の間に溜まった毒素が出やすい季節です
デトックス効果抜群のお白湯で身体の毒素を排出して
すっきりかるーい身体でヨガを楽しみせんか?



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://dedehime70.blog38.fc2.com/tb.php/1-fc63f6c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。